外付けハードディスクが壊れた際の救急|早急にデータ復旧

よい業者の探し方

PC

大量のデータの保存に便利な外付けハードディスクのデータが消えてしまったら、データ復旧業者に直してもらいましょう。よい業者の選び方としては、電話対応がいいかどうか、クリーンルームを持っているかどうかなどがあります。

詳細を確認する...

修理にいくらかかるのか

HDD

外付けハードディスクのデータが消えたら、データ復旧業者へ連絡して直してもらうことになります。修理の料金は、論理障害よりも物理障害のほうが高くなります。もちろん、重度の故障のほうが料金は割増になります。

詳細を確認する...

どんな予兆があるかを知る

PC

外付けハードディスクのデータ復旧は万能ではありません。そのため、故障の予兆を見逃さないことが大切です。通信のスピードが遅くなる、パソコン上にときどきマウントしなくなる、温度が高くなるなどに注意しましょう。

詳細を確認する...

壊れてしまう

PC

データを大量に扱う業務を行っているのであれば、パソコン本体のハードディスクだけでは容量が十分ではないことがままあります。また、ハードディスクの空き容量はパソコンが素早く作動するためにも重要であり、ある程度は空けておきたいものです。
そんなときに頼りになるのが、外付けハードディスク。USBケーブルを使用してパソコン本体に外付けハードディスクを接続することにより、十分な量のデータ容量を得ることが可能となります。なかにはテラバイトレベルの大容量外付けハードディスクも多く登場しており、一台あれば大抵の業務内容には対応できるといえるでしょう。

しかし外付けハードディスクは、非常にデリケートな装置で、故障しやすいという弱点があります。
そもそもハードディスク自体、衝撃に弱く、パソコン本体に内蔵されているハードディスクも壊れやすくなっています。パソコンは衝撃に弱いとよく言われていますが、そのなかでも衝撃により真っ先に壊れやすいのがハードディスクで、慎重に扱う必要があります。
外付けハードディスクも、一応プラスチックのパッケージに守られてはいますが、なんらかの原因によって故障する可能性はありうるのです。

外付けハードディスクの故障のなかで最も大変なもののひとつは、データの破損や消失。ふとした衝撃で壊れてしまうハードディスクは、そのなかに保存しているデータも吹き飛びやすいと考えることができます。もちろん、ほんとうにちょっとしたことで消えてしまうことはありませんが、十分にありえる事故であることには間違いがありません。

そこで利用できるのが、外付けハードディスクの修理を行っている業者。なかでも、データ復旧を専門に行っている業者であれば、安心して復旧を任せることができます。
一度吹き飛んだデータは、もう戻ってこないのではなく、ハードディスク内に残っています。そのためデータ復旧の専門業者に修理を依頼すれば、壊れてしまった外付けハードディスクのデータ復旧も十分に可能なのです。