外付けハードディスクが壊れた際の救急|早急にデータ復旧

修理にいくらかかるのか

HDD

外付けハードディスク内のデータが消失してしまった場合に利用することができる、データ復旧業者。外付けハードディスク内のデータは、一度消えたように見えてもまだハードディスク内に残っていることがほとんどですので、異常に気づいた時点でデータ復旧業者へ依頼すればデータのサルベージは十分に可能です。
気になるのは、修理のお値段。外付けハードディスクのデータを救出するためには、どれくらいの値段がかかるのでしょうか。

データが消えたといっても、その原因はさまざまにあります。そして、それらの原因はふたつに大別することができます。
ひとつは、システム上の異常が原因でデータが読み込めなくなっているなどの「論理障害」。もうひとつは、外付けハードディスクのパーツのどこかが破損などをしている「物理障害」です。一般的に、物理障害のほうがデータ復旧の難易度が高いので、料金は割増になります。

軽度の論理障害であれば、三万円から六万円程度が料金の相場です。また、同程度の物理障害であれば七万円から十万円程度となります。料金に開きがあるのは、外付けハードディスクの容量などに差があるからです。
これが重度の故障となると、論理障害であれば十万円から二十五万円、物理障害であれば二十万円から六十万円程度は必要となるでしょう。できれば料金は抑えてデータ復旧を依頼したいところですが、重度の故障となると安い業者に依頼して結局サルベージに失敗なんていうこともありえるので、大切なデータのためにはしっかり技術と実績のある業者を選びたいものです。