外付けハードディスクが壊れた際の救急|早急にデータ復旧

どんな予兆があるかを知る

PC

外付けハードディスクは便利な反面故障しやすいという側面もあり、場合によってはデータが消失してしまいます。そうなった場合はデータ復旧業者に依頼して外付けハードディスクを修理してもらうことになりますが、現在は高い確率でデータ復旧が可能になっているとはいえ、100パーセント成功するわけではありません。そのためデータ復旧が必要となる前に、外付けハードディスクの異常に気づくことが大切です。
よほど、運搬中に高所から落下させたなどの強い衝撃を加えない限り、外付けハードディスクの故障にはある程度の予兆があります。

たとえば、書き出しや読み込みのスピードが遅くなってしまう、という予兆があります。外付けハードディスクへデータを移動したり、外付けハードディスク内のデータを開いたりなどの動作が遅くなることがあり、そうなると故障の一歩手前だと考えることができます。
ただこれは、アプリケーションを大量に開いているなどでパソコンのメモリを大量に使っていると普通に遅くなるので、判断は難しいといえます。できるだけその他のアプリケーションを開いていない状態で動作確認をするクセをつけるといいでしょう。

書き出しなどのスピードが遅いだけではなく、マウントしなくなりだしたら確実に危険信号です。
マウントというのは、外付けハードディスクとパソコン本体をUSBケーブルで接続した際に、パソコン本体が「外付けハードディスクが接続された」と認識すること。そうすると外付けハードディスクへアクセスできるようになるわけですが、接続したはずなのにパソコンが認識しないということがあります。何度かつなぎ直すとつながることがほとんどですが、重大な論理障害を起こしている可能性が高いので、早急にバックアップを取り、データ復旧業者へ連絡したほうがよいでしょう。

その他、外付けハードディスクの温度がいつもよりも高温になっている、接続中になかから異音がするなどの異常もデータの消失につながる予兆となります。どんな小さな不具合でも、「この程度なら大丈夫だろう」とは思わずに、業者に相談することが大切です。いきなり業者に持っていくのはちょっと、と思うのであれば、パソコンショップなどで無料、あるいはワンコイン診断を利用するという手もあります。